こんにちは、中国の北京出身の新卒Iです。

また本日のブログをご担当させていただきます。


本日の研修内容について、今日も丸ごとUnityの実習です。

作品の発表日までは、僅か二日未満です。

それぞれも、緊張感が溢れて、一生懸命頑張っている様子でした。担当の先輩に質問を持って聞きに行く人もすごく増えました。


私が、今回工夫したことは以下になります。

1.Particle System

2.Animation

3.Softbodyに挑戦する

4.衝突判定


詳しい内容はこちらです。

1.Particle System

このシステムを利用して、花火のエフェクトを実現しました。(画像)

別に花火に拘るわけではなく、複数の段階があるエフェクトを作って、最大限までこの仕組みを理解することが目的です。


2.Animation

AssetStoreからFreeのモデルをダウンロードして、アニメを自由に再生するために、Animation Controllerのようなものを実装しました。

State Machine の設計方針に踏まえて、うまくアニメの制御ができました。


3.Softbodyに挑戦する

UnityにはRigidbodyに関しての内容はすごく多いけど、Softbodyはほとんどない、但しClothという布のような材質のものが存在しています。これを利用して、未知の領域(softbody)に挑戦してみました。

完全にsoftbodyとは言えないが、何となくやわらかいボールを作成しました。


4.衝突判定

一番難しいのは衝突判定、特にsoftbodyとアニメ付のキャラクタの処理はかなり難しいです。

キャラクタのBone構造を分析して、必要な部分だか個別で衝突範囲を設定して、柔らかいボールと動的にあたったら、ボールが飛ばされる感じの処理ができました。


明日から、GUIの実装と微調整です。Unityの実習はすごく楽しかったです!

エフェクト