福岡事業所のアルバイトmiyachi-nです。 この度Androidに搭載されているNFC機能に興味がわいてきたので、 早速実験がてら弊社のデバッグ用携帯端末の備品管理システムを1人で作ってみました。 NFCタグプリンターは@touchRLさんからお借りしたBrotherのRL-700Sを使っています。 今までは端末の貸出管理を紙に書いて行っていましたが もっと便利なシステムをNFCタグFeliCaとAndroidで作ってみたいとの上司発案ですw


貸出管理システムは以下のような構成になっています。



端末を借りる人の識別は、セキュリティカードに付属するFeliCaで行います。 貸し出す端末の識別は、RL-700SでプリントしたISO15693タグで行います。 この2種類のNFCタグをAndroidアプリで読み取り、貸出情報としてサーバに登録します。 ・ISO15693:RL-700Sで印刷されるNFCタグの一種。 ・FeliCa(セキュリティカード):社員に持たせている入退室用のセキュリティカードNFCタグの一種 ・FeliCa(端末):おサイフケータイのついている端末に付いているFeliCaタグ(チップ)NFCタグの一種 また、現在の貸出状況はブラウザから確認することができます(nodejs上にWebアプリを構築しています)。 これで社員がどのくらいの期間借りているかや所在が不明な端末把握することが可能になります。 また、社員にとっても紙に書くより手間が省け効率が良くなると思います。 こちらの写真がRL-700Sの本体です。意外と小さいです。


こちらの写真がRL-700Sで印刷したタグです白黒ですが 画像やバーコードも付属のアプリケーションで印刷することができます。


使い方:


貸出:Androidアプリで社員証(FeliCa)をスキャン → NFCタグ or 携帯端末のFeliCaをスキャンし、 必要に応じてコメントなどを音声入力してサーバーへ送信して完了です。 返却:返却も簡単で登録時に使ったNFCタグ or 携帯端末のFeliCaをスキャンすれば 返却が完了です。 貸出状況の確認:Webブラウザで貸出状況のページをみれば、現在、誰がどの端末を借りているかを確認することができます。 貸出を行う前には、端末と社員の初期登録が必要になりますが、この作業もAndroidアプリでNFCタグをスキャンして行うことができるようにしました。 メリット: 端末の貸出履歴の情報がデータベース(MySQL)に保存されているので ・現在借りているのはだれか? ・どの端末が頻繁に利用されているか? ・どのキャリアが多く利用されているか? ・どの社員が頻繁に利用しているか? ・貸出理由はどんな理由が多いか? などの情報が簡単に収集ができるようになりました。 これで履歴を見れば事業所内で端末を誰が持っているか(本人も忘れていることが...)をみんなで探す時間が節約できました。 TIPSその1: Google提供のライブラリを使ってISO15693のIDを読み取ろうとすると、 16ビット(2文字程度)を反転して逆の順番となる状態となってしまいました。 これを正しく認識させるために、16ビット(2文字)ずつ反転にして逆にするという処理が必要でした。 こんな感じです。”E004010011E6A01D”→”1DA0E611000104E0” TIPSその2: AndroidからISO15693タグへの書き込みも試したかったので、やってみました ISO15693タグへの書き込みを行うには、まず、タグ自体のフォーマットを行う必要があるのですが、なぜかAndroid 4.0(ISC)にバグがあってISO 15693タイプのタグをフォーマットすることができません。。orz しかし、Android 2.3のNexus SであればISO15693タグをフォーマットできるそうなので 僕が持っているNexus Sでフォーマットを行ってみたところ


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!! ちゃんとフォーマットしてURLを書きこむことができました!!!! Nexus SでフォーマットしてしまえばAndroid 4.0(ISC)でも書き込みができるようです。


おお!NFCタグをかざすとKLabのホームページも無事表示されます! こういった使い方ができるので色々な応用ができると思います。 RL-700SとNFCタグを貸していただいたり、ISCのバグなど いろいろ教えていただいた@touchRLさんありがとうございました!!!