umjammer です、 先日 Twitter にて 140 文字以上投稿されるという事件が起きました。もうそのバグは塞がれたみたいですが、人間制限を設けられるとやはり超えてみたいと思うものです。じゃあ超えてみせましょう(笑) 140文字以上tweetできるTwitter利用サイト、その名も「Too言ったー」。
toowitter

http://umjammer09.appspot.com/ まず Twitter のアカウントは取得しておいてください。初めて使用する場合には「signin」のリンクをクリックしてください。OAuth を用いた例の認証が行われるので、許可してあげてください。 signin 後、サイトのテキストボックスに長文を入れて「Too言っとく」ボタンを押せば140文字の制限を超えて投稿できます。投稿後しばらくすると「成功しました」のダイアログが出ます。「Preview」ボタンは投稿する前にイメージを把握することができます。投稿後は中程の「View Your Post」リンクをクリックすれば今投稿したものを見ることができます。 Twitter ユーザなら何をしているか一目瞭然ですね。 改行とかエラー処理を真面目に行っていないので何か問題があってもご容赦ください。 まとめ 冗談みたいなサービスですが、結構新しめの技術を使っています。 HTML5 の canvas を使用しています。canvas にテキストエリアに入力した文字をレンダリングして toDataURL メソッドで画像にして GAE に送ってそこから API を使って投稿しています。ブラウザによっては動かない可能性があります。 JavaScript は苦手なので GWT と gwt-g2d を使用しました。本家の canvas を使用せずに gwt-g2d を使用したのは本家には文字を描くメソッドがなかった(ハズ)からです。GWT は楽ですね。もう少し言うなら canvas 周りのグラフィックス API を早く統一して欲しいです、出来れば Java 2D 準拠で。Google さん主導なんだから最低でも android API 準拠にしてくれればと思います。 ソースはこちら参考サイト 補足 私も Twitter ユーザですし、140 文字だからこそ Twitter の文化があるということは十分理解しています。あくまで技術検証を目的とした洒落のサービスだということをご理解願います。